2021年の「ウッドショック」でツーバイ材・ワンバイ材はいくら値上がりした !? カインズとスービバで2019年と比較してみた

昨今のウッドショックで木材が高騰しています。

このサイトはワンバイ、ツーバイのSPF材でのベッドづくりの設計が中心コンテンツですので、大変な逆風にさらされています。

ウッドショックについて詳しくは下記をご覧ください。

【悲報!】SPFのツーバイ材、ワンバイ材が歴史的高騰!ベッド製作はお早めに!(切実)

実際にホームセンターで価格調査してみると、2019年の調査に比べて、驚くべき価格高騰の実態が明らかになってきました。

今回は2019年からワンバイ材、ツーバイ材がどのくらい価格変動したのかをまとめてみたいと思います。

私の地元の大型ホームセンター、下記2店で調べました。

  • カインズ新座店(以下、カインズ)
  • スーパービバホーム東久留米店(以下、スービバ)
木材の種類別&店舗別に見ていきましょう。
なお、カインズは税込み、スービバは税抜きの価格です。

ワンバイ材(1x4) 6フィート




カインズ

2019年→2020年で50円弱の値上りとなっています。ただ、2019年の価格はオープンセール価格だったので、基本的には価格は維持されていると見てもよさそうです。

スービバ

スービバは2020年の調査がありませんので、2019年と2021年との比較です。

また、SPF→ホワイトウッドとなっていますが、2021/8の時点でSPFの扱いがなくなっていましたので、同じカテゴリと考えてこの2つで比較しています。

上記の理由で同列での比較ではないかもしれませんが、何と2倍近い値上がりとなっています。2019年の調査はオープンセール中ということもあるかと思いますが、ウッドショックの影響が直撃しているといえそうです。

ワンバイ材(1x4) 12フィート

カインズ

続いて12フィートの長尺材。こちらは2019年→2021年で3割程度の値上りとなっています。

スービバ

スービバでは2019年時点では税込みでカインズと同等の価格でしたが、2021年で6割程度の大幅な値上がりとなっていました。

ツーバイ材(2x4) 6フィート

カインズ

DIYでおなじみ、どこのホームセンターでも売っている2x4の6フィート材。
カインズでは2019年から段階的に値上がりし、2021年では2019年から2割ほどの値上りとなっています。

スービバ

スービバでは7割超の大幅な値上がりとなっていました。厳しい...。

ツーバイ材(2x4) 12フィート

カインズ

12フィート材はカインズでもかなり厳しい値上げの一途をたどっています。
2019->2021で60%以上の値上げとなっています。

スービバ

スービバでは全調査で最大の値上げ幅になっています。
値札の小ささは値上げのインパクトを見せたくなかったためでしょうか。
2倍超の値上げとなっています。

まとめ

ウッドショックはホームセンターの木材価格にも反映されていることが明らかになりました。

ただ、現在(2021/8)の状況は調達ルートの差か、ホームセンターごとの価格差が2019年に比べて大きくなっているような気がします。

ベッドづくりやウッドデッキづくりなど、大量の木材が必要なDIYを行う場合は、いくつかのホームセンターを回って価格を調べた方がいいでしょう。

また、現在の木材不足の状況では、質の悪い木材が流通している可能性も高くなります。
在庫数が多く、質の良い木材が選べる状況かも併せて調べてから調達する店舗を決めた方が良さそうです。
いかがだったでしょうか?

現在の木材価格はかなり上昇してしまいましたが、木製家具の価格も上昇しています。

いずれにしてもDIYが絶対オトクなのは間違いありません。ぜひベッドDIYにチャレンジしてみてください。

下のリンク のロフトベッド手順書でぜひチャレンジを!部屋の広さや高さに応じて10タイプをご用意しました。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)