ツーバイSPF材(2x4材)の簡単DIYで予算5,000円で丈夫な机を作る!設計図・手順を無料で公開!ダイニングテーブルにも!

初心者でも意外と簡単。DIYで机を作ってみる。ダイニングテーブルにも対応可! 

このブログではベッドづくりの製作本を紹介していますが、今回は初心者でもカンタンにできる「机」の作り方を説明していきたいと思います。

大きさと梁の付け方を調整すればダイニングテーブルにも対応できます(後で説明します)。

家具屋やネットで探しても、なかなか思った通りのサイズのものって見つからないですよね。だったら自分で作ればいいんです!

今回の設計は下記のサイズになっています。
もちろんDIYなのでこの通りの寸法や形で作る必要はありません。
手順を参考に、ご自身のお部屋や用途に応じて設計を変えてください。

この設計のポイントは下記の通り。
  • 初心者でも電動ドライバーさえあれば作れる究極のカンタン手順!
  • どこでも安価に手に入る2x4材(ツーバイフォー材)を構造に利用
  • 脚をハコ型にすることで初心者DIYで起きやすい「脚の長さが揃わずガタガタ」のリスクを最小限
  • 脚の両側は収納に活用可能
【注意!】
本ブログは製作方法をアドバイスするものであり、製作物の安全性、耐久性を保証するものではありません。製作者・ご使用者におかれましては製作物においては十分に強度等の安全性を確認した上で、製作者・ご使用者の責任において製作・使用してください。

ホームセンターで材料を揃える!カットサービスを利用してノコギリ不要!

<必要な材料>
  1.  2x4 SPF材 6フィート(1,820mm) 6本
  2.  天板(600 x 1200)厚さ18mm
  3.  コーススレッド(木ねじ) 65mm 半ねじ 約50本
  4.  コーススレッド(木ねじ) 120mm 半ねじ 約15本

1.2x4 SPF材について

机の脚や梁などの構造に使う材料です。

6フィート(1,820mm)のものを6本使います。
どこのホームセンターでもこんな感じで売っています。
だいたい1本あたり300円前後で売っています。選び方についてはコチラを参考に。
<参考>安くて質の良いツーバイ材(2x4・1x4)の買い方完全ガイド(2)良い木材の選び方編
上の設計図通りに作る場合、6本の木取りは下のようになります。

この机の天板の高さは約70cmなので、高さを変えたい方は600mmの材料から4本の長さを調整してください。

木材カットサービスのあるホームセンターで材料を買い、下のような図を出せば、だいたいワンカット50円くらいで長さを揃えて切ってくれます。

下の木取りだと、おそらく6カットかと思います(複数本を同時に切った場合もワンカットとカウントされることが多い)。
電動丸ノコなどの電動の道具がない方は絶対利用した方が良いです。手でノコギリで切るのに比べれば、作業時間も仕上がりも全く違います。
<参考>ホームセンターの木材カットサービスでトクをするための木取図とは?

2.天板(600 x 1200)厚さ18mm について

天板の色・厚さ・素材はお好みで選んでいただいて良いです。

天板のサイズが違う場合は、上の構造の木取りも皆さんで計算して修正してください。

例えば、天板の幅が1200mmではない場合、1022mmの木材から差分をプラスマイナスしてください。例えば、天板の幅が1500mmなら、

1,022 + (1,500-1,200) = 1,322 (mm)

にすればOKです。奥行が異なる場合も同様に計算して、木取りを変えてください。

表面が木目や色などの化粧板が貼られた、「棚板」はだいたいどこのホームセンターにでもあるので、後は大きさ・長さ・色が気に入ったものを探してください。

大き目のホームセンターならいろいろな板が売られているので、これもカットサービスで欲しいサイズに切ってもらえばOKです。

アイリスオーヤマさんから出ている棚板ならネット販売でも送料無料で(2019/2現在)購入できるようです。


ちょっと高級感を出すならパイン集成材などもいいですね。
価格:7,409円
(2019/2/2 16:48時点)
感想(0件)

3&4.コーススレッド(木ねじ)について

木材はすべてコーススレッド(木ねじ)で接続します。

2x4材の短辺(38mm)を貫通する部分には65mmを、長辺(89mm)を貫通する部分には120mmを使います。

今回のような木の接合が目的の場合「半ねじ」のものを選んでください。
(理由は「半ねじ 全ねじ」でググってくださいませ。)

安いものはこんな感じで1本あたり1円くらいで売っていますが(こんなに大量には要りません。使うのは50本くらいです)、
見た目を考え、銀色ではなく、下のように黒いものを使うという手もあります。
(値段は多少高くなります)
長辺を接続するのは120mmで。
価格:356円
(2019/2/2 17:25時点)
感想(0件)

道具は電動ドライバーさえあれば大丈夫!

この机は最低限の道具と最小限のコストで完成させるために、極力材料も道具もなくても作れるように設計しています。ただ、電動ドライバーだけはあった方が良いと思います。

SPF材は柔らかい材料で加工性もいいですが、手回しドライバーでの作業では翌日筋肉痛は避けられないでしょう。

電動ドライバーといってもこんな感じの安いものでいいです。
のちのち、組立家具などの組立にも活躍するので、購入を検討ください。

それさえの費用も抑えたいという方は、ホームセンターでレンタルしているところもありますので、(だいたい一泊二日で300円くらい)確認してみてください。

レンタルする場合は「インパクトドライバー」にした方が良いです。

後は100均で買えるサンドペーパーがあれば、とりあえず机になります!

将来、DIYを本格的にやってみようと思う方や、このページで紹介しているベッドづくりも考えている方はインパクトドライバーの購入を考えていも良いと思います。

スポンサーリンク


究極のカンタン手順をスタート!

では、材料(カット済み)と道具が揃ったらさっそく組立に入りましょう!

1.脚のハコを2つ作る

600mmの材料を4角に組み立て、短いコーススレッド(65mm)で2カ所ずつ止めていきます。

ネジ止めする位置を出すにはツーバイ定規を使うと、よりキレイに位置出しができます。
2X4材のDIYを超効率化するためのツーバイフォー定規とは?
最初に周囲の四角形を組み立て、中の梁は後から入れて組み立ててください。

この脚の棚部分が収納に使えます。
お好みで梁は1本にしてもいいでしょう。(後で説明します)

2.長い構造材を組み立てる

長いコーススレッド(120mm)で梁3本を組み立て、机の構造部分を完成します。

かなり長い距離を打ち込むので、2〜3ミリ程度のドリルか、なければキリで下穴を開けてからコーススレッドを打ち込んだ方がスムーズに行きます。

3.天板を取り付けて(とりあえず)完成!

あとは天板を乗せ、四隅を固定すればとりあえず机として機能するものができました!
サンドペーパーでささくれや角の鋭利な部分を削りましょう。

机としてはこれで十分機能します。
天板にビスが見えるのを避けたい場合には、裏側からL字金具などで止めてください。

収納部をアレンジ!

脚の部分は小物の収納などに使えます。

このままだと置いたものが落ちやすいので、内側を使いたい場合は外側に、外側を使いたい場合は内側にアクリル板やベニヤなどを貼れば、より収納の使い勝手が上がります。

このように外側と内側両側を収納にしたり...

梁を1本にして、このようにマガジンラック的にしても良いと思います。

色塗りはワトコオイルなどで

SPF材の木のままでもそれなりにいい味ですが、仕上げにワトコオイルなどで着色すると、もはやDIYの域を超えた風合いに仕上がります。



ダイニングテーブルや作業台としてもアレンジ可能!

梁の位置を変えれば、ダイニングテーブルや作業台にすることもできます。

ダイニングテーブルにする場合は天板もちょっとこだわった方がいいかもしれないですね。

こたつの天板を乗せるという手もあります。
価格:9,800円
(2019/2/2 21:57時点)
感想(133件)
120 x 80 cm の天板を乗せるとこんな感じです。
ダイニングテーブルとしても十分イケるのではないでしょうか。
コストは天板を含めても1.2~1.3万円くらい。ダイニングテーブルとしてはお安いのでは。

ベッドづくりも挑戦を!ベッド製作本を大好評発売中!

いかがだったでしょうか?
このページで紹介している製作本で作ったDIYベッドにも下のようにバッチリ収まります。

材料費総額でも2万円くらいで(材料費はホームセンターによって異なります)作れてしまうシステムベッド!

ぜひ机づくりと併せてご検討ください。

ベッドの製作本については、下のAmazonの売り場にももっと詳しい説明やご購入者のレビューがありますので、一度ご覧いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)