Kindle本で出版した階段付きロフトベッド製作本のベストセラー、待望のペーパーバック(紙の本)が発売!

さて、今日は久しぶりにこのブログを立ち上げたきっかけとなった、「ベッド製作本」の話題です。

Kindle本は印刷ができない!

電子出版のKindleで発売してから約5年が経過し、おかげさまで多くの皆様にご購入いただき、「カンタンにロフトベッドができました!」といううれしいお声をたくさんAmazonレビューにていただいてきました。

その一方で、いくつか「使いにくい」という声もいただいており、その中で最も多かったのが「印刷ができない!」という声でした。

DIYの現場、なおかつ大きな木材を取りまわす場面でチマチマとスマホ見たり、タブレットを開いたり、というのはやりにくいですよね。手も汚れている状態ですし。

ちょっとした寸法の書き込みやメモ書きもできない!

が、Kindleは印刷できる仕様になっていないので、紙に印刷したければスクショを取って印刷できるソフトに貼り付けて、必要な部分だけ印刷する、などの方法が必要でした。

実は私もKindleで出版して初めて、「印刷ができない」ということを知ったもので、そのようなお叱りやご質問を受けても、こんな答えしかできませんでした。
仕方ないとは思いつつも、こんな答えしかできず、ご購入者に申し訳ないなあと思いつつ悶々とした日々を過ごしていましたが、ついに!
2021年10月!Amazonさんにて新サービスが開始しました!

紙書籍(ペーパーバック)の出版開始!


 ↑クリックすると上記ページが開きます

ついに!Amazon Kindleで日本でも紙の本(ペーパーバック)の出版ができるようになったとの情報が!

これはやるしかない!ということで作業に取り掛かって約3時間、ようやく出版できました!
値段は電子書籍が\380に対して、紙の印刷本は\1,480....。高い!

が、Amazonに注文してからオンデマンドで印刷し、配送していただけることを考えると、これはさすがにやむを得ない価格かな、と思われます。

仮に、ですが\380で買った電子書籍をコピー機でコピーしたとしても(上述の通り、Kindleの仕組み上はできないですが)、70ページくらいこの本はあるので、\700くらいはかかる計算になります。

そうなると\1,080くらいになってしまうわけで、コピーと製本をする手間を考えればある意味、「格安」といえるのではないでしょうか。

苦労したのは、表紙の作成!

ペーパーバックの出版に当たり、用意すべきなのは、
  • 本文のPDF
  • 表紙のPDF
の2つです。

私は下記のブログでも述べたように、そもそもこの本はパワポで作って、PDFにしてから出版していましたので、本文のPDFは元々あったので、そこはクリア。
後は表紙のPDFを作ればOK、だったのですが...。

表紙にするには「オモテ表紙」と「ウラ表紙」を一体化させたPDFデータを作る必要があります。私の本は横長なので、こんなデータを作るわけです。
右半分がオモテ表紙、左半分がウラ表紙、というわけです。

できてしまえばどうということはなさそうですが、これが結構シビアで、適当に作ってKindleの出版サイトにアップすると、
「サイズが合っていません」だの、「裁断の位置を考慮しろ」だの、いろいろな理由で跳ね返されます。

パワポのページ設定でサイズを微調整しながら、10回以上PDFを作成しなおし。

やっとのことでシステム上は「OK」となっても、おそらくAmazonさんの人の手による最終チェックが入るらしく、そこでNGとなったり。

最終的に「出版中」となった時にはなかなかの達成感でした。

 ↑クリックすると販売サイトに飛びます

ベッドのDIYをしたいけど、どう作っていいかわからない電子書籍では取り扱いにくいし、という皆様、買って損はないと私は信じています(著者なので)!

ぜひご購入の検討をお願いします。

下のリンク ではKindleの電子書籍のリンクをご紹介しています。こちらはすべてワンコイン(500円)以内の激安価格!スマホやタブレットを見ながら作る、でもOKという方はぜひこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)