空室に悩むワンルーム・シェアハウスオーナー様必見!ロフトがないなら作ってしまえ!2万円DIYで入居率を確実にアップ!

 

2万円で「ロフト付き・デスク付き」の部屋にDIYで改造!

昨今はサラリーマンの方でも不動産投資を始められている方も多いようです。

特に東京都内など、都市部の投資用物件は圧倒的に「1人暮らし用ワンルーム or 1K」の物件が多いですよね。

山手線圏内に近い、駅近築浅物件は放っておいても入居者が入ると思いますが、ちょっと郊外だったり、駅から離れたりすると、最近では入居者がなかなか入らない状況になっているかと思います。

家賃を下げるといっても、ローンを抱えていたりすれば、なかなか厳しいものがありますよね。ローンの支払いが家賃収入を超えてしまえば、それこそ投資用不動産とはいえなくなってしまいます。

一人暮らしの部屋選びをされる方の大きな選定ポイントの一つに「ロフトの有無」があるかと思います。

ロフトがあれば、荷物が多い方は収納に、寝るスペースとしてベッド代わりに使うこともできます。

私も一人暮らしをしていたとき、6畳一間でロフトなしの部屋でした。「ロフトがあればもっと部屋が広く使えるのに…。」と思ったものです。

ロフトがない部屋をお持ちで、空室に悩まれているオーナー様は、ぜひ「大型ロフトベッド」「DIYで」部屋に設置することをご検討されてはいかがでしょうか。

都市部の物件はとかく部屋が狭く、スペースの効率活用がカギです。

ロフトのない部屋にロフトベッドを置くことで、寝るスペースが確保できるとともに、さらにベッド下に収納やデスクの設置などができ、空間を最大限効率的に利用できます。

「階段付き大型ロフトベッド設置済み」の物件として募集すれば、部屋探しをされているかたにもアピール度は絶大!ぜひDIYをご検討ください。

まず検討いただきたいのは、下記のタイプのロフトベッドです。
階段付きのロフトベッドで、ベッド下に机の設置もできる高さのあるタイプ。

これをDIYというと、DIY未経験の初心者の方にはとてつもなく難しそうに見えますが、実際にやってみると超カンタンです。

まず、下記手順書を¥380でお買い求めください。
Amazon Kindleの電子書籍で、PCやスマホ、タブレットなどで読むことができます。
この手順書の材料をホームセンターで選び、木取図通りにホームセンターのカットサービスで切ってもらえば、材料の準備完了!

木ねじを買って、後は電動ドライバー(インパクトドライバー推奨)で手順書通りに組み立てていけば、上のベッドが完成します!

「そんなにカンタンなわけない!」と半信半疑の方はぜひ上記のAmazon売り場でレビュー(サクラレビューは一切ありません)や、画面右(モバイルの方は下)の、「読者のレビュー&写真」をご覧ください!

材料費は何と衝撃の約1.5万円です(ただし、材料を購入するホームセンターによって価格はかなり幅があります)。

階段は下の図のように左右どちらにも設置できるので、部屋の配置に応じて変えることができますよ。
上記はシングルサイズなので、ロフト部分の面は 幅1m X 長さ2.1mくらいです。

江戸間の畳がだいたい「1.5m2=1畳」なので、1.4畳くらいのロフトスペースができるイメージですね。

大柄の大人でもゆったり寝られる広さです。

机の設置も可能!

特に初めて一人暮らしを始める方はとにかく初期費用を抑えたいところです。

家具の購入費用も決して安くありません。

と、なるとオーナー様にて初めから備え付けで机を設置しておくというのも良いかと思います。

このように製作したロフトベッドの梁から吊る机を設置したり、、、
独立した机をDIYで作成して設置も可能です。
どちらにしても、追加費用は5千円程度

机も設置しておけば、入居者の方の負担はより少なくなるので、入居率もさらにアップすると思います。

部屋が狭く、初期費用を気にされる入居者の多いシェアハウスの個室への設置は特にオススメです!

デスクも込みで一室2万円ほどでDIYすれば、それだけで入居率が間違いなくアップします。

一瞬で投資金額は回収できるのではないでしょうか。

コチラもご参照ください。

スペースに余裕がある場合はダブルサイズのロフトベッドを!

部屋の広さが6畳程度以上ある場合は、思い切ってベッドのサイズをダブルベッドにしてしまうという手もあります。

構造は先ほどのシングルサイズと同じですが、幅だけ1.5倍になっています。
このサイズだと、ほぼ2畳の階段付きのロフトが設置されることになります。

ダブルサイズのマットレスを敷いて、2人でもゆったり寝られるくらい余裕があります。

もちろん、大容量の収納としても使えますので、スペース効率は最高です。

こちらも製作手順はシングルサイズの場合とほとんど同じ。もちろん、初心者でもDIY可能です。

ただ、サイズが違う分、材料の量や木取りが異なりますので、下記をセットでご購入ください。

手順はシングルサイズの左の本を、材料と木取りはダブル仕様にした右の本を参考にDIYしてください。
DIYの経験がない方は「自分には無理そう」と、思われるかもしれませんが、本当に、本当に意外なほど簡単です。

ベッドって凝った形にしなければ、直線部分だけで作れるので、実はDIYとしては簡単な部類になるんですよね。

賃貸経営に自ら乗り出したオーナー様が、この程度のDIYができないはずはありません!

ぜひ「DIYでロフト付き物件に改造」をチャレンジしてください。

部屋に応じて、いろいろなタイプのベッドDIY手順書を販売していますので、お持ちのお部屋に合わせてお選びいただけたらと思います。

シェアハウスの物件をお持ちの場合は二段ベッドを検討されていもいいですね!

下のAmazonの売り場にもっと詳しい説明やご購入者のレビューがありますので、一度ご覧いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)