大人気企画第5弾!1.5万円で階段付きロフトベッドは作れるのか?スーパービバホーム(さいたま新都心店)で価格調査!

このブログではDIYで自作できる「ベッド製作手順書」を紹介しています。

現在の一番人気は「1.5万円で作れる階段付きロフトベッド!」で、このベッド製作手順書のシリーズ8冊のうちの堂々売り上げトップを独走しています。


以前の記事で、「本当にこんな立派なベッドが1.5万円でできるの?」という皆様の疑いを晴らすべく、これまでに4つのホームセンターで検証してみました。
<スーパーバリュー練馬大泉店>
大人気DIY本の階段付きロフトベッドは本当に1.5万円で自作できるのか?東京23区内の激安系ホームセンターで調査してみた。
<島忠ホームセンター 中野店>
都心のホームセンターは値段が高いのか?ロフトベッド1.5万円自作は可能?中野の駅近ホームセンターで調査!
 <カインズ 新座店>
大人気企画第3弾!1.5万円で本当に階段付きロフトベッドは作れるのか?カインズ新座で価格調査! 
<島忠ホームセンター 和光店>
大人気企画第4弾!1.5万円で階段付きロフトベッドは作れるのか?シマホ(島忠ホームセンター)和光店で価格調査!  
 これまでの検証結果は2勝2敗!

スーパーバリュー大泉とカインズ新座は無事1.5万円以下で作れることが証明されました。

が、島忠ホームセンターの2店舗は残念ながら総額で1.5万円を下回ることはできませんでした

今回は埼玉県内でのリベンジを賭けて、下記店舗で調査!

スーパービバホーム さいたま新都心店!

※写真:Googleマップより

※調査は2020年1月に実施しています。価格は変動する可能性がありますのでご了承ください。

スーパービバホーム(以下スービバ) さいたま新都心店は埼玉の中心部からも近い、JR京浜東北線 さいたま新都心駅徒歩10分・与野駅 徒歩5分という好立地の大型ホームセンター。

1F, 2Fがスービバ、上層階にはスポーツ用品店、ダイソー、サイゼリア、食品スーパーなどがそろっており、家族で楽しめる「ほぼショッピングモール」です。

長尺材を買うには最適な環境!

さて、ベッドの材料となるSPF材と、木ネジを選んでいきましょう!
【参考】SPFツーバイ材を買う際のホームセンターの選び方はこちら
【参考】SPFツーバイ材の選び方はこちら
上の記事でも述べていますが、このスービバ、何がすばらしいかというと、「木材の販売がすべて屋内である」という点。

このベッドの材料とするような長尺のSPF材は多くのホームセンターが「屋根はあるがふきさらしの屋外」で販売されていることが多いです。

そうなると、真冬や真夏の材料選びはかなり過酷な作業となってしまいますが、このスービバは「完全屋内販売!」

冷暖房が効いた環境の広いスペースで快適に材料選びができます。

実は筆者がこの本を作成するきっかけとなったベッドづくりの材料もここで購入しています!さて、最大の問題の価格はどうでしょうか??

必要な木材の値段は?

この手順書で紹介しているベッドの作り方で必要な木材は下記の通り。

・2x4 SPF材 12feet  11本
・2x4 SPF材 6feet 5本
・1x4 SPF材 12feet 9本

あと、木ねじのコーススレッドが350本ほど必要です。

最も本数をたくさん使う2x4材 12feetが税込764円。
この価格はかなりイイ感じです!
さすが「地域一番価格に挑戦!」してますね!

ちなみに、画像の右に書かれている割引価格は職人さんなどのプロの方のみ用の会員価格なので、ここでは計算から除外します。

次、長さが半分の2x4 SPF材 6feet 。税込379円。
これはちょっと高めかな~!?
ちょうど12F材の半分の価格ですね。

前回視察したシマホ和光店では6F材の方がはるかに割安でしたが、スービバでは材料の長さにそのまま比例。

最後に1x4 SPF材 12feet。税込489円。まあこれは普通かな~。

木ねじは?

木ねじは65mmのスリムビスを選択。税込580円。

木材カットサービスは?

ホームセンターに木材カットをやってもらうとすると、カットサービスの料金がかかります。

ベッドのように大量の木を自分でカットしなければならない場合、電動のこぎりは必須です。まあ、木を切るのが面倒な方はカットサービスを利用しましょう。

ここのスービバでは...。
1カット税込55円。これも平均的です。

カットのやり方、木材のまとめ方にもよりますが(同じ長さの木材は複数本パネルソーという大型の機械でまとめてカットします。複数本を同時に切っても1カットとカウントされます)、このベッドの材料のカット数は20カット前後かと思います。

ということで、カット代はざっくり、20カット x 55  ということで1,100円
(ホームセンターのやり方で異なる可能性あり)

その他に必要な材料は?

その他は木工用ボンドや養生用テープ(または布ガムテープ)など、100円ショップでも買えるお安いものが数点。

これらは買っても大した値段でないですし、普通の家庭にもありそうなものなので、今回の価格調査から除外することにします。

総額は?

さて、いよいよ合計を計算してみましょう!

・2x4 SPF材 12feet  764x11 = 8,404円
・2x4 SPF材 6feet  379x5 = 1,895円 
・1x4 SPF材 6feet 489x9 = 4,401円
・スリムビス 580円
・木材カット 1,100円
----------------------------------------------
 計 16,380円

ああ~!惜しい!1.5万円以内に収まらず!!

でも、自分で材料カットすれば-1,100円で15,280円なので、ほぼ1.5万円ということでOKでしょう!(若干言い訳…。)

私がここで2016年にベッドの材料を買ったときよりは、現在の価格は値上がりしているような気がします。

これで「1.5万円で階段付きロフトベッドを作れるか!」の調査の戦績は2勝3敗となってしまいました。

同じ埼玉県内としては、ちょっと交通の便は悪いですが、カインズ新座の方が価格的には安く、1.5万円以下でOKでした!安く作りたいならオススメ。

が、スービバさいたま新都心が圧倒的にスゴイのは、先ほども書きましたが、「長尺モノの木材も完全屋内販売」という点。

また、店頭に出ている木材の数も非常に多いので、いい材料を選別するのにも有利です。

以前の調査で1.5万円の壁をクリアした、スーパーバリュー大泉と、カインズ新座は価格は安いですが、「屋根付きだが屋外」状態だったので、真夏や真冬の材料選別には過酷な環境。

「いい材料をゆっくり選ぶ」にはスービバさいたま新都心はオススメです!

ぜひ皆様もDIYベッドにチャレンジを!

このベッド製作の設計図・作業手順・木取図などは下のリンク から本の購入ページへ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)