大人気DIY本の階段付きロフトベッドは本当に1.5万円で自作できるのか?東京23区内の激安系ホームセンターで調査してみた。


このブログではDIYで自作できる「ベッド製作手順書」を紹介しています。

現在の一番人気は「1.5万円で作れる階段付きロフトベッド!」で、8月はリリースしている8冊のベッド製作本の売り上げのうち44%を占めていました。


大人気の割にはまだ商品レビューを頂いていないんですよね~。

このブログ経由でご購入いただいた方もかなりいらっしゃるはずなので、実際に作られた方はぜひAmazonにて商品レビューをお願いします!

さて、このベッド「超頑丈な無垢材のロフトベッドを1.5万円で!」がウリなんですが、「本当にこんな立派なベッドが1.5万円でできるの?」という疑い深い方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今日はウチの近所の激安系ホームセンター「スーパーバリュー 練馬大泉店」で本当に1.5万円でできるか実地調査してみました。

※調査は2018年9月に実施しています。価格は変動する可能性がありますのでご了承ください。

「スーパーバリュー 練馬大泉店」へGO!

こちらのホームセンター、ホームセンターとしての規模はあまり大きくはないのですが、ディスカウントストア的な機能や、激安食品スーパー的な機能も兼ね備えた「ナンデモ揃う」系の店舗です。

木材も近隣のホームセンターに比べると結構お安めです。ただ、在庫数はそれほど多くないので、大量の木材を使用するベッドを作るときには選別に少々苦労するかもしれません。(お店の人に言えば倉庫から出してくれるかもしれませんが未確認)

【参考】SPFツーバイ材を買う際のホームセンターの選び方はこちら
【参考】SPFツーバイ材の選び方はこちら

とにもかくにも、価格調査をはじめましょう!

必要な木材の値段は?

この手順書で紹介しているベッドの作り方で必要な木材は下記の通り。

・2x4 SPF材 12feet  11本
・2x4 SPF材 6feet 5本
・1x4 SPF材 12feet 9本

あと、木ねじのコーススレッドが350本ほど必要です。

では、早速それぞれの値段を見ていきましょう!
最も本数をたくさん使う2x4 SPF材 12feetが税込み591円!
私も数多くのホームセンターでこの木材の価格を見てきましたが、かなり安い方かと思います。東京都内で買えるものとしては最安に近いのではないでしょうか。

「競合対抗価格!」を打ち出しているだけのことはあります。
次、長さが半分の2x4 SPF材 6feet 。こちらは「広告の品」となっていますが、通常期でもこの値段だったように記憶しています。
最後に1x4 SPF材 12feet です。こちらもお安い方ではないでしょうか。

木ねじは?

木ねじは65mmのスリムスレッドを選びました。

スリムタイプでないと500本で300円くらいなので、もっとコスパが良かったのですが、下穴ナシでサクサクネジ打ちをするにはスリムスレッドの方が作業性が良いでしょう。

木材カットサービスは?

他の費用としては、ホームセンターに木材カットをやってもらうとすると、カットサービスの料金がかかります。ただ、このホームセンターでは何と他の店ではアリエナイサービスが!
何と!5カットまでカット無料!さらに追加カットも1カット30円(+税)という超破格値!私が今まで訪れたホームセンターでは無料サービスなど当然なく、1カット50円が相場だったので、これはスゴイサービスです。 

カットのやり方、木材のまとめ方にもよりますが(同じ長さの木材は複数本パネルソーという大型の機械でまとめてカットします。複数本を同時に切っても1カットとカウントされます)、このベッドの材料のカット数は20カット前後かと思います。

ということで、カット代はざっくり、15カット(無料分除く) x 30 x 1.08 = 486、ということで500円程度でしょう。

インパクトドライバーは?

このベッドを作る際、さすがに手動のドライバーでは体力が持ちません。なんせ、300本以上の木ねじを分厚い木材に打ち込む作業ですから。
SPF材は比較的柔らかい木材ですが、さすがに電動ドライバーは必須でしょう。

この手順書ではインパクトドライバーを推奨しています。
インパクトドライバーがなければ購入かレンタルが必要ですが、このホームセンターではレンタルサービスはないようですね。

スーパービバホームやホーマックなどの大型店ではレンタルサービスもやっているので、これを利用してもいいでしょう。
このホームセンターで一番安いインパクトドライバーがコレでした。安い!

インパクトドライバーは充電式のものが主流ですが、室内で作ることが確定しているベッド製作ならコード式でも問題ないでしょう。
ただ、電源コードの延長コードは必要かな。

ちなみに、Amazonでも売っています。

その他のインパクトドライバーのおススメは下記をご覧ください。
電動工具を買ってDIYしても家具ベッドより断然安い!初心者にもおススメのインパクトドライバー5選!
なお、実際に作られた方のコメントで「インパクトドライバーでなく、安い電動ドライバーでも問題ナシ!」との声もありました。

私はインパクトで作りましたが、安い電動ドライバーは5,000円以下のものもあります。
ご参考までに。

その他に必要な材料は?

その他は木工用ボンドや養生用テープ(または布ガムテープ)など、100円ショップでも買えるお安いものが数点。

これらは買っても大した値段でないですし、普通の家庭にもありそうなものなので、今回の価格調査から除外することにします。

総額は?

さて、いよいよ合計を計算してみましょう!

・2x4 SPF材 12feet  591x11 = 6,501円
・2x4 SPF材 6feet  321x5 = 1,605円 
・1x4 SPF材 12feet 537x9 = 4,833円
・スリムスレッド 494円
・木材カット 約500円
----------------------------------------------
 計 13,933円

おお!1.5万円あれば1,000円のお釣りがくる価格!
インパクトドライバーを買ったとしても、2万円+αくらいで収まります!

宣伝に偽りなし!良かった良かった。まあ、自信はありましたが。

そうそう、あとこの製作本のお値段が380円ですので、そちらもお忘れなく!
(筆者にとっては一番重要!)

ニトリでもイケアでも、ネットの組立家具でも絶対にこのクオリティをこの価格では買えません。それより何より、作ったときの達成感が全く違います!(経験済み)

ぜひDIYベッドにチャレンジを!

いかがだったでしょうか? 
細かい手順、木取図などは下のリンク から本の購入ページへ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)