2x4(ツーバイフォー)材に適した木ネジ(コーススレッド)の価格をカインズで調べてみた

2x4材に最適な木ネジとは?

このページで紹介しているベッド製作では、2x4材を締結する場所が非常に多いです。と、いうかほとんどこの締結だけでベッドが成り立っています。

タイプによりますが、このベッド製作にはだいたい300本くらいのネジを使います。

2x4材は厚さが38mmなので、締結する場合、一般的に65mmのコーススレッドを使います。イメージはこんな感じ。(ネジの形は簡単にしています)

2x4材に適した65mmコーススレッド価格調査をしてみた

さて、この65mmのコーススレッドの値段ってどのくらいでしょうか。

カインズ新座店に行って詳しく調べてみました。
(2019/9の調査なので、消費税は8%の時です。現在は価格が変わっているかも。)

最初に一番安い鉄のコーススレッドで調べてみました。

本数の少ないものから1本あたりの値段を調べていきましょう。
8本入りのもので98円ですね。カインズは税込価格なので、1本あたり12.25円です。
まあ、割高ですが数本使うだけならこちらになるでしょう。
次に50本入りのもの。価格は...。
138円!1本あたり2.76円。一気に単価が下がりました!

最後に500本入り
価格は何と!
348円1本あたり約0.7円!衝撃の1円切りです。

6箱買えば3,000本で1,788円なので、1本あたり約0.6円

まあ、家庭のDIYで6箱必要なモノはそうないと思いますが2x4材でいろんなものをこれから作ろうと思っている方は、多めに買っても良いかもしれません。

高付加価値商品その1 ~スリムビス~

通常65mmのコーススレッドの直径は4.2mmです。

2x4のSPF材は加工性がいいので、下穴がなくても直接インパクトドライバーなどでネジうちできますが、あまり材料のキワの部分などに打つと木割れが起こるかもしれません。

木割れが気になる場合、同じ65mmでも「スリムビス」「スリムスレッド」などと言われる細いタイプのものがあります。
通常のコーススレッドの直径が4.2mmに対して、スリムビスは直径3.8mmです。
コーススレッドに比べて細い分、木割れリスクは少なくなります。

上記で400本548円1本あたり約1.4円と、通常のコーススレッドよりは割高ですが、木割れが心配な方はコチラを利用する手もあります。

ちなみに私はベッドを作る際にはこちらを採用しました。
下穴なしでさくさくネジ打ちして時短したかったので。

高付加価値商品その2 ~黒塗り~

値段は張るけど、ただの鉄ではなく、ちょっと工夫された商品も見ていきましょう。

まずは黒塗りのモノ。
実際に私も使ったことがありますが、こんな感じになります。
ちょっと銀のものよりカッコよくなります。
DIY感が減り、製品っぽくなりますね(個人の感想です)。

サビも目立たないですね。価格は...。
70本で398円なので、1本あたり約5.7円。やはり鉄のものよりはかなり割高。

高付加価値商品その3 ~ステンレス~

最後はステンレス製のものです。

ウッドデッキなどをDIYする場合はサビに強いステンレス製のビスが候補になりますね。

屋内で使うとしてもサビが心配な方はステンレスのものを使う方が多いようです。
価格は300本で2,280円1本あたり7.6円と、鉄のものに比べると10倍くらいの価格です。
ステンレスのスリムビスもありましたが、こちらも55本で798円1本あたり約16円ですね。高い!

が、長く美しい状態で使いたければ選択肢にはなると思います。
(箱には「錆びますのでご注意ください」と書いてあるので、絶対にサビないというとではないようです。)

なお、このページで紹介しているベッド製作でステンレスのビスを使うと、確実に本のタイトルにある「予算XXX円!」の予算内には収まらなくなるので、予算内に収めたい方は鉄製のコーススレッドがスリムスレッドを使いましょう。

下記の記事も参考にしてください。

大人気企画第3弾!1.5万円で本当に階段付きロフトベッドは作れるのか?カインズ新座で価格調査!

ツーバイ材とコーススレッドを使ったベッド製作の設計図・作業手順・木取図などは下のリンク から本の購入ページへ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)