2019/2/16オープン!スーパービバホーム東久留米店に行ってみた!ツーバイ材の価格もチェック!

※上記画像はスーパービバホーム様のホームページからの引用です。

2019/2/16 グランドオープン!スーパービバホーム東久留米店に行ってきた!カインズ新座から5kmの場所に殴り込み!?

2018/11のカインズ新座店のオープンに続いて、ウチから車で行ける範囲の東久留米に何と立て続けにスーパービバホーム東久留米店がオープンしました。
カインズのレポートはコチラ!ついにグランドオープン!カインズ新座にさっそく行ってきました!
DIY好きとしては嬉しい限り!ですが、何とこの2店舗、車で5kmちょっとしか離れていません
こんなに近くに大型ホームセンターが2店舗あって大丈夫か?と、ちょっと経営的な心配もしてしまいますが、とりあえず消費者としては選択肢が増えたのはうれしいですね。

と、いうことでオープン翌日の2/17(日)にさっそく行ってきました!
写真をふんだんにレポートしてみたいと思います。

まずは外観から!

駐車場は地上と店舗上の屋上にあり、全部で600台分くらいあるようです。
すべて無料、時間制限なしなので、安心して買い物できますね。
店舗は大きく材料、工具、園芸用品、建設関係資材など、プロも御用達の「資材館」エリアと、 
いわゆるホームセンター的?な生活用品、ペット用品、インテリアなどを扱う「生活館」エリアに分かれています。
すぐ隣の敷地には家電量販店のノジマ、100均のダイソー、惣菜・弁当のオリジンなどもあります。
ちなみに、写真を撮るのは忘れましたが、道路を挟んで向かいには西友もあるので、食料品の買い物も一緒に済ませることができます。

さっそく入店!店内の様子は?

フロアマップはこのようになっています。
※上記画像はスーパービバホーム様のホームページからの引用です。

資材館側から生活館をみるとこんな感じです。
※店内の画像は一部加工してあります
生活館側から資材館をみるとこんな感じ。奥の方に木材売り場があります。
奥がかすんで見えないほど広い!
ペット売り場・トリミングやペットホテルもあります。
ホームセンターでペットホテルってスゴいですね!
カフェスペースもあり、焼きたてパンが100円~というお得価格で売っていました。

私も買いたかったのですが、オープン直後ということもあってか、レジ行列がすごくてあきらめました。残念!
このWEBは木材DIYのベッドづくりをテーマにしていますので、皆さんが気になる木材売り場を見てみましょう。

さすがスービバ!スービバで家が建つ言われているくらいらいに豊富な資材です。
もちろん、木材カットサービスもあります。注目すべきは...。
木材カットが1カット30円これは安いです。
今までに見たホームセンターではたいてい1カット50円でした。

このブログで紹介しているDIYベッドでは、かなりの長い木材を何度もカットしますので、1カットが50円か30円かは結構重要です。
こちらも参照!ホームセンターの木材カットサービスでトクをするための木取図とは?
長い木材など、大きな資材は積み込み所から直接車に積み込めます。
ちょっと惜しいな、と思ったのは買った資材をDIYでその場で加工する「作業スペース」的なエリアがありませんでした。

カインズ新座や、シマホ北赤羽には個人が使える作業場があったので、大型ホームセンターとしてはちょっと残念!

ひょっとしたら、カットサービスを割安に設定しているのはそれが理由かもしれないですね。

スポンサーリンク


恒例!?のツーバイ、ワンバイ材の価格チェック!

さて、このブログのメインテーマは「ツーバイ材で作るDIYベッド」です。

ではホームセンター訪問の恒例となっています、ワンバイ材、ツーバイ材の価格チェックをしていきましょう!

ちなみに、過去の調査結果はコチラ!
ジョイフル本田 君津店
ホーマック さいたま蓮沼店
スーパーバリュー 練馬大泉店
カインズ 新座店
では行きましょう!
※価格は2019年2月17日時点のもので、今後変動する可能性があります。

まず、ベッドづくりに欠かせない、
2x4 12フィートが598円(税別)!
結構安い方ですね!
1x4 12フィートが428円(税別)
2x4 6フィートが318円(税別)
1x4 6フィートが188円(税別)
前回調査したカインズ新座店より全体的にお安めの価格設定でした。

やはり後発ということで意識されたのでしょうか。

変わったところでは2x4 8フィートに「着色済み」のものがありました。
これらは上記の木材コーナーとは別に、ディアウォール等、ツーバイDIYグッズコーナーのところに置かれていたので、インテリアで収納などをつくる、お手軽DIY向けの商品のようですね。
傷つけたくない壁に格安でDIY収納を作る「ディアウォール」のAmazon売り場を勝手に整理してみた
ベッドのように本数を多く使う場合は、自分で着色した方が割安です。
(上記と同じ2X4材 8フィートで着色されていないものは598円でした)

最後に木ねじ(コーススレッド)65mmを見てみました。
これはグランドオープンのセール価格なのかもしれませんが、激安でした。
500本で300円はスゴイ!

ちなみに、木割れを気にせず、下穴無しでガンガン打ち込める細ビスは、
350本でこの値段なので、こちらは少々割高ですが、初心者の方は細ビスの方が扱いやすい場合もあります。

まとめ

うわさに違わず、「ナンデモ揃う系」ホームセンターで、DIY好きとしては1日楽しく過ごせました。

カインズ新座とどっちが良いか?
という判定はまだこれからかな~。

ただ、カインズの方が自分で工具が使えるDIY作業スペースがあったり、DIY講座があったり、と「個人DIY」を応援する色が強く出ているように感じました。

その点、スービバは「生活館→個人向け」、「資材館→プロ向け」という色分けがされている感じが強かったので、DIY好きの個人にはカインズの方が優しい感じはしました。
(あくまでも個人の感想です)

が、木材などの価格はスービバの方が全体的に安いものが多かったので、総合的には甲乙つけがたし、といったところでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スービバで材料が揃う!ベッド製作本の詳細は下記をご参照ください。
 
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)