初心者にも最適!安くて高性能なRYOBIのインパクトドライバー BID-1100をレビュー!10年前の機種と比較!

RYOBIのインパクトドライバー BID-1100を買ったぞ!


先日、新座カインズのオープンに行った記事を書きました。
ついにグランドオープン!カインズ新座にさっそく行ってきました!
そのオープンセールで購入したRYOBIのインパクトドライバー「BID-1100」の開封の儀!
ちなみにamazonからの購入はコチラ。
お手頃価格で評価も高い!

ではオープンしてみましょう!

ケースを開けるとこんな感じ。

個人的には、ケースの留め具が金属製なのが良いと思いました。

この後で比較に登場する10年前くらいのモデル(BID-1226)のケースでは、留め具がプラスチック製でした。

10年たった今では、左右二個とも壊れてケースが閉じなくなってしまっていたので(物干しざお用洗濯ばさみで取っ手を挟んで対応...)、改善されたようです。

軽さに感動!

持った感じはこんな状態。第一印象は...軽い!軽いぞ!
あまりの軽さに感動したので、計量してみることに。

残念ながらウチには100g単位までしか測れない体重計しかないのですが...。
10年前のBID-1226は1.6kg
BID-1100は1.0kgでした。

ちなみにカタログスペックでは、BID-1226:1.65kg、BID-1100:1kgとのこと。

作業が長くなるとやはり「軽さ」の差は疲労に結構効いてきます。

バッテリーはどうか?

バッテリーを外すとこんな感じ。
充電器にセットしてみました。コンパクト!
充電器にセット状態で旧モデルと比較してみました。
左が現行のBID-1100、右がBID-1226です。充電器やバッテリーも大きさの差はこんなにあります。

じゃあ、電池の性能が違うか?というとそんなことはありません。

カタログ上は、
BID-1100 : 10.8V/1,300mAh
BID-1226 : 12V /1,300mAh

とほとんど差がない!

これは、実は電池の種類が違います。
BID-1226はニッカド電池なのにに対して、BID-1100は電気自動車などにも使われるリチウムイオン電池を使っています。

リチウムイオン電池の方が寿命も長い(繰り返し充電に強い)といわれているので、その点も優位。

ただし、充電時間はBID-1100が55分、BID-1226が45分とちょっとだけ旧モデルの方が早いです。

また、BID-1226は電池が2個付属しているので、プロの方が絶え間なく作業するには良いですね。

今回買ったBID-1100は付属の電池が1個だけなので、絶え間なく作業をしたい方はコチラ、予備のバッテリーが必要。


締め付け性能は?

続いて、SPF材に木ねじを打ち込んでみました。
まずはBID-1226。

最大締め付けトルクは旧モデルが
Lowモード 75N-m Hiモード 115N-m
の二段階。
BID-1100はモード切り替えなしの105N-mです。

SPF材くらいのやわらかい材料の木ねじ打ち込みでは、ほとんど違いを感じませんでした。

打ち込みの様子を動画にもしてみましたので、こちらもご覧ください。

LEDが明るい!

木ねじの打ち込みで気づいたのは、LEDの明るさ!
上がBID-1100、下がBID-1226です。さすが現行モデルは「高輝度LED」を謳っているだけのことはあります。

総評!

1万円以内で買える入門用インパクトドライバーとしては大変優れていると思います。

Amazonでも買えますので、ご検討される方はこちら(Amazonの売り場)へどうぞ!

もちろん、このページの「完全手順書」で紹介しているベッドづくりにもバッチリ対応できます

インパクトドライバーを買って、無垢の木製ベッドを作ってもトータル3万円以内
絶対ネット通販で組立家具を買うよりもオトクです!

その他のオススメインパクトドライバーを下記でもご紹介しています。
コチラの記事もぜひご覧ください。
電動工具を買ってDIYしても家具ベッドより断然安い!初心者にもおススメのインパクトドライバー5選!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ベッド製作本の詳細は下記をご参照ください。
 
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

サイト内検索

良く読まれている記事(人気順)